トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

お手伝いは「させねばならぬ」?

よく子どもの躾で手伝いを「すべきだ」「させなければならない!」
という話を聞き
?と思うことがあるのです。

確かに忙しいとつい、言ってしまいたくなる言葉ではあります。

が、しかぁし

例えば
あなたのパートナーやご家族・お友達から
あなたの将来のためだからあなたには
○○させる
○○すべきだ~
○○やりなさい!

と言われたらあなたはどう思うでしょう?
やる気、しおしおのぱ~になりますねぇ~
子どもといえども、既に一つの人格を持っているもので・・・
強制されてやるものほど、ダルいものはありませんえん。

そういえば、あれはシシトウを切っていたときの事です。
息子が僕も切ってみたい!と興味を示したチャンスとばかり
お手伝いを頼みました。

「助かった~あなたがいてくれないとお料理進まないのよ~」

のヨイショも手伝って
もう、長い長~い時間をかけてみじん切りにしてくれました
彼なりに達成感があったようでした。
さらに、大の苦手だったシシトウを
「これは僕が切ったからすごく美味しい!」
と全部平らげたのでした。

以来、何かのときに色々と手助けしてくれます。
まぁお手伝いしてくれるのはうれしいのですが
その後、ぽろぽろと何か床にこぼれて・・・
えぇ、まあ、今はご愛嬌、ということで・・・こ、根気だ根気!

子どもがそのお手伝いをすることが誇りに思えるよう
仕向ける、工夫と見守る根気の大事さとを感じました。
誰かの役に立っている、ということが自主的お手伝い
の原動力になっているのかもしれません。

すいすいっとな☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違っていたらごめんちゃ~い

討論会やディベートの席で
もう負けてたまるかーー!といわんばかりに
ガッチンガッチンに理論武装して攻撃する人が
います。なかなか核心に進めませんえんbearing

そもそも討論会は、ケンカでも闘う場でもなく
説得力のある「意見」を出し合って何か新しい道を
切り開くためのツールのような気がいたします。

もし自分の意見が受け入れられなかったとしても
「負け」でも、自分が劣っていたからではないのです。
ただ、相手と「違って」いただけのことです。
ので、恥ずかしい思いをする必要はないのです。

途中で自分の意見が間違いだと気付いたら
ごめんちゃ~い 
こんな考えがあるんだ、あなたの考え、イイね!

また、相手側もほら見たことか、ではなく
理解してくれてありがとう
と、もっと柔軟な雰囲気があればすいすいいけそうな
気がいたします。

本来、ディベートは相手を打ち負かして屈服させる
ためにあるものではないはすです。
相手を言い負かしてやれ~は口論ですわ~

お互いの違いを知り、相手との「ちがい」
を受け入れた貴方はきっと経験ポイント3倍UP
うけあいでしょう。
すいすいっとな☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ犬(仮)。

昔よく読んだ漫画、たしか
動物のお医者さん(佐々木倫子)
の1シーンだったと思います。

そこに大きなラジオ(ラジカセ?)につながれて
吠える犬が出てくるんですね。

もうとっくにラジオより大きくなって、余裕で引き倒して
逃げられるのになぜか逃げようとしないのです。
どうやらこの犬はまだ子犬のとき、このラジオにつながれて
出られない、という記憶から抜けられないらしく
大人になって逃げられる力はあるのに
まだラジオを動かせないと思い込んでいるようなのです。

昔は出来なかったけど、今なら出来るようになる事が
あるかもしれません。
皆さん、あれから大きくなられたのですから。

昔の思いにつながれたままですか?
それとも鎖を断ち切ってすいすいっと広い世界に
駆け出しますか?
すいすいっとな☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車の中ですいすい力

ココロをがんじがらめの思い込みから開放して
すいすいっとな生き方にシフトしてから約1ヶ月。
沢山の奇跡がおきはじめています。

それはラッシュ時間帯の電車でのできごとです。

ギャラリー展示・メンテナンスの帰りはちょうど
ラッシュ時間にあたってしまいます。
得に渋谷ー原宿ーその混雑ぶりはもう・・・
一人ならまだしも
幼い子供2人を置いていくわけにもいかず、どうしよう
と途方にくれたさとうすいすいの

ココロの推移:

ああいやだなぁ、カバンも取れないほどぎゅうぎゅうに
込むんだろうな。子供もぐずったりして
wobbly

いやーでもすいすいっと乗れたら嬉しいなぁcatface

いやもしかすると空いているのかも!ラッキー!
そうなったら楽しみ!
wink

宝くじが当たるかレベルにウキウキした気分で
でもギュウギュウを覚悟で
窓側にへばりつくように乗り込みました。
するとどうでしょう!

何故か私たち母子の乗った車両だけぽっかりと
空間があいているではあーりませんか!happy02
きっちり詰め詰めポーズで構えてしまった
自分が恥かしかったほど。

そして最後の関門:乗り換え先の電車は
本数が少なく、すでに乗り口には通路まで
みっしりと並んでおります。
ああ今度こそダメだぁーーーん?
またここで奇跡が!!
たまたま並んだ車両には、元から人が殆ど乗っておらず
あれだけ並んでいたにもかかわらず
余裕で乗ることができたのでした。
子供たちは、大好きな窓からの景色を見られて
大喜び。

この日ばかりではありません。
このウキウキ気分で
展示会期、電車利用日すべて、ギュウギュウに込むことなく
すいすいっと電車に乗ることができました!

まさに推進力ならぬすいすい力!
すいすい力1ptアップ。

皆さんもおためしあれ~すいすいっとな☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちん個展。

さとうすいすい憩いの場:
デザインフェスタギャラリー原宿
http://www.designfestagallery.com/index.html
にはオモシロ展示が盛りだくさんです。

さてギャラリーをにぎわせているのは
ちん個展。
ハズカシそうに入場するみなさんの表情は
なぜか恍惚です。
この約3週間後に、まさにここのギャラリーで
きの個展出展予定の
私としては何かのシンクロを感じ・・・

生まれ持った人間の体の一部
を「卑猥」とみなすとはナニゴトか~!
とはじめられた展示会だそうです。

確かに、いつから性器は卑猥、になってしまったのでしょう。

古代オリンピック選手は(イロイロな理由はあれ)全裸だったとか・・・

開放感あふれる空間となっております。
201008204
しかし世間の目はキビシイらしく
次回出展ができるかどうか分からないそうで

常識や意識に縛られているアタマを
開放してくれる、この貴重な体験は
本日21日(土)20時まで開催模様です。

ちん個展の皆さん、くりまんじゅうを有難くいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャラリーレポート~まりなとかおる展~

さとうすいすい憩いの場:
デザインフェスタギャラリー
http://www.designfestagallery.com/index.html http://www.designfestagallery.com/index.html
には、今日も沢山の素敵なアーチストさんが
華を咲かせています。

今日の突然インタビューレポートは
現役美大生お二人による展示会
「まりなとかおる展」でございます。

イラスト・大学のオープンキャンパスポスターあり
樹脂粘土パーツを組み合わせてうみうしを作る
参加型ワークショップなど、バリュエーション
盛りだくさんで何度お邪魔しても
飽きない雰囲気がありました。

8月18~20日と展示された
多摩美術大学グラフィックデザイン学科3年生
の堀内さんと森本さんにお話を伺いました。

すいすいーお二人の得意分野・作品のテーマは何ですか?ー
堀内さん:タイポグラフィやパッケージ、目が特徴的な
      ブラックかわいい少年のイラスト
      制作をメインに制作しております
森本さん:私はイラストレーション、キャラクター(うみうしなど)
      を主に制作しています

すいすいー今回の展示のきっかけは?ー
堀内さん:学校の課題や、日常の制作作品を外部に日の目を見ない
      まましまっている現状に疑問を持ちました。
      そこで作品を展示することで自分以外の世界や価値観の

             人々とふれあい、日常の作品がどう見られるのか試してみたいと
      思いました。
森本さん:もくもくと課題をこなす以外に、出展することで制作の
      モチベーションをあげたいと出展しました。

すいすいー今回の展示で得られた事・感想をお願いしますー
堀内さん:沢山の自分と違う世界観の方からの感想が聞けたり
      特に(このギャラリーの特徴として)外国人の方が多く見に
      来てくださることが、刺激にになりました。
      また外国の方には具体的なコメントを頂くことが
      多いですね。
      値段もつけいていなかった作品に買いたいという
      オファーがきたりと予想外なことが沢山ありました。
      何が起こるかわかりませんね。
森本さん:時間的なことで、もっと沢山作品を出せればよかった等
      自分を客観的に見ることができました

将来は漫画家・イラストの仕事につきたい、と語る
お二方のオーラはきらきらと輝いておりました。
美大生の日常を伺うことができ、私もヴァーチャル美大生な気分を
味わえた、ひと時でした。
本展示の詳細は堀内さんのブログにございます。
http://patapatata.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-e54a.html

私もせかいのさとうすいすい:SSSを目指しますぞ<?
すいすいっとな☆

1008201_2

1008202

1008203

| | コメント (2) | トラックバック (0)

合言葉はすいすいっとな☆

物心がついたときから、周りの大人からは
修行や苦労するのが人生だといわれてきました。
ん?ちょっとまてよ?

頑張って頑張って
努力して努力して
苦労して苦労して

これで人生に得られたものは何なんでしょ?
たしかに努力の結果、成功したこともあるでしょう。
でもさらに上の目標に向かうとき、さらなる苦労苦労
が待ち受けている?

ガンバッテ夢をかなえたら又次の夢や目標・・・・
よく考えてみたら
こんなの、全然楽しくないじゃん。

ほんとうのココロからの喜びって
夢や目標を達成することなのではなく

毎日この瞬間ををうきうきな気分でいられる、ってこと
なのではないでしょうか。

本日、縛られているココロの鎖
苦労しないと、努力しないと○○成功できない、という思い込み

はいっ、手放しちゃいませう~
すいすいっとな☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すいすいっとブログ開始しました!

皆さんはじめまして。
さとうすいすいでございます。
細々と絵描きをしております。

どうもなんだか生きづらいなあ
本当にやりたいことって何だったのかなぁ
とぼやいて○十年。

もっとすいすいっと生きよう!
すいすいっとがテーマに書いていこうと思います。

どうぞよろしゅうに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年9月 »