« マニュアルのない世界~子育て | トップページ | 6月の対面セッション日程です~それでいいのだ »

補足あり・学校行かんでも大丈夫よ~登校拒否?

☆6月の対面セッションは16(土)、17(日)、23(土)、30日(土)に決定いたしました!詳細これから発表いたします

地球のみなさん こんにちは

おかげさまで本日、ようやくやわらかい食べ物が
食べられるようになりました。

まぁえらい事になっていたのでありますが
薬が効かず、熱や痛みがあるにもかかわらず
不思議と背中がスーーッと楽に心地よく
温泉に入っていないけれど、温泉上がりのような
ヒーリングを受けているような・・・

レイキ、天使のお祈り、宇宙エネルギーを
送ってくださった方がいらしたことをとてもよく感じました。
とても助かりましたよ~本当にありがたいですね。


そして!今週末からはじまる対面セッションも
しっかりと対応できるように整いました

・・・と、詳細書く前に、急ぎでこれ書きンさーい
でました!
どうやら苦しんでいらっさる方がいるようです。
お役にたてるかわかりませんが、優先させます。

学校行かんでもええ。
・・・・・
え~~~梅雨の季節に入ったせいか
この時期、学校に行こうとするとお腹が痛くなったり
登校拒否のお子さんのご相談が増えます。

会社に行く気力が出ない~~大人のみなさんもそうなのでしょう~

私の周りのママ友さんにも登校拒否に・・・とお悩みをどこかでお聞きしました
<って相談に乗りんさいよ~(^^)いや、私のトンチンカンすぎる答えにへこまれそうな気が、、やめておこう。

うちの子なんて、かな~り学校のシステムから
はみ出しコゾウなので、時々行きたくないな~
なんてぼやきますが、そんなとき私はこう言って
送り出します



「給食おいしいから、食べに行きなよ」

・・・今この瞬間、このブログを読んだママ友読者さん
が一名、去りましたね・笑

ハイ結論

どうしても行きたくないときは無理に行かせなくても大丈夫です

その間、親子で楽しいことやったり大自然に行って
思いっきり楽しく遊びんさ~い、罪悪感無用!

結論:子供が登校拒否になってもその事自体
    実際、な~んにも困りませんえん

ゲームでいえば一時停止
神様がお子さんとご両親に考える時間をくれているのです

毎日ダラダラさせていたわけでもなく
頑なに学校に行きたくない、そのときは相当な理由が
できあがっているのです~

これはお子さんの問題ばかりでなく、
親御さんも心の変化するとき=昔のやり方から
心解放されようね、というメッセージなのです。


消して親が悪い、と責めないでくださいね。
親御さんの意識も変わる=ラクになっていきますか~
なときが来ました、と言うチャンスなのです。

いじめの理由をのぞいて
登校拒否のお子さんを持つ親御さんに共通している思考が

子どもがちゃんとしてくれないと、私が恥をかく(困る)

もしくは

自分(親自身)がちゃんとしていないと恥をかくから人の目が気になる
 


ガーディアンの話によれば登校拒否の深い原因は

いじめの理由をのぞいて
親子ともども

恥ずかしい・情けない・劣等感

というところからきているそうなのです、はい。
要するに、ここを手放すのが課題、と言う意味なのでしょうね。


これは、常に人から見られての評価や教育を
されてきてしまった、されないと自分のアイデンティティを
確立できない親からの負の遺産
、なんです。

だから、

・子どもが失敗したら、お母さん恥ずかしい。
・失敗してほしくないからまともにしてほしいから
子どもがやっていることについ口出ししたくなる
・ちゃんとしていないと恥ずかしい、ついていけないのよ
と、
自覚ないうちについつい子供に言っている

なんです。
それに応えつづけてきたお子さんが疲れてしまった
もしくは(無自覚の親御さんに植えつけられた)
プライドに傷がついてしまった。

しかしよーく考えてみてください。

それって、ホントに恥ずかしい事なんか~い?

例えばピアノの発表会。
私は子ども対象のピアノ教室にちゃっかり通わせて
頂いておりますが
発表会、子どもが失敗したらお母さん恥ずかしいん
だからしっかりやるのよオーラの親御さんを見かけます。

たとえ失敗しても
子どもが一所懸命自分で考えた、頑張った
その結果、成長の明かし

うむむ、これのどこが恥ずかしいのでしょうね~?
むしろ、失敗しても最後まで投げ出さずに発表した
勇気が誇らしい!讃頌されます。

そう、もうお分かりですね。
親から植えつけられた周りからの評価を得ないと
自分が恥をかく、と勘違いしている他人軸の
自分の心をもう手放して、自分軸で生きていこうね
というときが来たのですね。


親からの影響って、怖いんですよね~
40過ぎても、お母様から
そんな服装は若いから世間様にみっともないとか
お小言受ける、というお話も聞いて私は
ビックラこいてしまいましたが。。。

話しは戻ります。

あの、もともと小学校の教育指導要領のウラって

いかにみんな平均的で従順な働き手を算出するか

という目的で作られていますからね。

登校拒否された、という事は

お子さんが、そのルートから解放される人
独創的な生き方が出来る人ですよ
という事でもあるのです。


ルートに乗らなくても、大丈夫!

私たちの親世代、団塊世代のように

ルートからはみ出たら終わりだ~・・・まぁこれも
植えつけられた幻想なのですが
(現に中学出でも幸せに豊かになっている人だってたくさんおりますからね。)

これからはますますそんな事も無くなる時代です。

とはいえ、沢山でもでも心配は出てくると思われます。
でも大丈夫。
学校に行けなくって勉強についていけないとか
今から心配しなくても
今の数年の勉強なんて、あっという間に追いつきますから。

それに、これからの時代、学歴で就職できる神話が
いつまでも通じる気がしますか?ネ☆

うちの主人みたいに
小学校なーんにも勉強しなくても、というより、学校に
何しに行くか分からなかった人でも
ちゃんと工学博士になれてますからね(^^)

ハッハッハ
うちの子は、小さな器には収まりきらないのだよ


これで行きましょう!

親御さんも、ちょっと遊んで、心に余裕つけて
もうひとまわり器、大きくしていきますかね~

お子さんは将来、器のおおきな、大きな
立派な大人になって帰ってきますよ。大丈夫。

国民総労働者にするシステムに気付いてボイコットするとは
あなたのお子さんはかしこいっ!
あなたのお子さんの将来は明るい!!!


さっ、学校行けなくなったら、どこか楽しいところに行って
リフレッシュ充電だ~

tulipはい補足ですtulip

リフレッシュお出かけするときは

海とか山とか、何にも制限ないところで

裸足になって自由に走り回れるところがグッド!

木に触れたり(抱きついてもいいですよ・笑)
草にじかに触れて、自然のエネルギーをうまく
いただいちゃいましょう☆
あっ、自然の精霊に有難う、をお忘れなく~

あと番外編では美術館に行く事でしょうか。
現代美術の作品を見て、これは何だ!と刺激を受ける

すごい作家の作品と言うのは、何だかわからなくても
印象に、ハートに残るものなのであります。

うちの子は、何かの彫刻をおしりだ!とかう〇こだ!とか
大はしゃぎしていましたっけ・笑

tuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptulip

お子さんが本当にやりたいが見つかる、もしくは

今の自分でいいんだ~になった時、

自然となおって学校に行けるように

なりますから大丈夫ですよ~

登校拒否ぐらいなんなのさ~
と、お母さん自身がへっちゃら明るく楽しんでいて

つい心配したり口やかましく言ったりしないことがポイント☆

すいすいっとな☆

☆6月の対面セッションは16(土)、17(日)、23(土)、30日(土)に決定いたしました!

スカイプセッションは6月末まで初めて価格延長 \10,000 世界中つながれるヨ☆
何度も読み返せるメールセッションも処方箋つき!

dollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollardollar

|

« マニュアルのない世界~子育て | トップページ | 6月の対面セッション日程です~それでいいのだ »

アダルトチルドレン」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

コメント

そんなお子さま方、未来の宝でございまする☆

だから、炎は消さぬよう
基本、自分自身が育てていってほしいですね☆
が、そういうキラリと光る、新しい種類の宝をお持ちのお子さんは、環境も過酷なものを選択してきている気がします。書籍ではなく、現場の声ですよ(笑)

例えると、ゆっくり建物を建設していくタイプもいます。
スピードはゆっくりですが、作り上げたものは、ぶれません。学び方なんて無限です。学校のやり方に合わなかったら、能力がナイなんて、まったくのナンセンスですよ。
繰り返しお伝えします。現場(学校ではない)からの声でした(笑)☆

投稿: lemuriaki | 2012年6月13日 (水) 19時29分

今日のは考えさせられました(-ω-)

私はまさしく〜〜〜
昔から優等生タイプ。枠からはみ出せない…自分で決めることが大の苦手…

そして、私もこーやってきたから、あんたらもこーしなよ!と子供に押しつけ放題(@_@;)

あまりに大当たりすぎて、プッ〜〜〜と大笑い。

もっと寛大に子育てしたいものです!

投稿: あきこ | 2012年6月13日 (水) 20時32分

すいすいさま
  体調が回復されてこられたようで、
 よかったです。
  そして、今日の記事‥大拍手です。
 私は、以前に中学校の教師をしていました。
 すいすいさんの言われる通り、学校に行きたくないと言った男の子の、お父さんが、平日に二人でどこかに出かけ、特に学校の話をしたわけでもないのに、翌日から、すっと学校に来れるようになったこともありました。
男の子いわく、「どうして、行きたくなかったのか、どうして行けるようになったのか、分からない。」とのことでした。
 すいすいさんも書かれたましたが、今の自分でいいんだ‥と子供が感じることができたら、すっと学校に行けるようになった子供を数人、見てきました。
 もちろん、具体的に何をすれがいいのかというと、子供によって、全然違うので、答えはないのですが、
子供が、お父さんやお母さんに、自分はどうでもいいって思われてたんじゃないんや‥
大切に思ってくれてるんや‥
今の自分でいいんや‥
って感じられることが、大きいと思いました。

投稿: たんぽぽ | 2012年6月13日 (水) 22時02分

すいすいさんこんばんは!(^^)!

私は保守的なので、
たぶん子供がいたら、
枠からはみ出すのは許せない親になるだろうな~と想像しながら読みました(^_^;)。

そして子供の頃、
授業中に足をぶらぶらさせてただけで、
授業参観の母親に、
「恥ずかしかった…」
と言われた事を思い出しました。

もとは私もふざけるの好きな子だったんだよな~と、
思い出します。

すいすいさんの、
「給食美味しいから、…」
はけっこう好きです(#^.^#)

お体お大事に!

投稿: となりのマユ | 2012年6月14日 (木) 00時47分

「給食美味しいから、…」
ワロタ。

調子上向きみたいで、よかったですね。
ほっとしました(o^-^o)
すいすいさんもさらなるグレードアップなのでしょうか??

以前、すいすいさんにコメントで「休んだほうが良い」というようなお言葉をいただき、え?わたし?と思いました。
が、よくよく自分を見つめると、実はものすご~く疲れ果てていたことに気づきました。。。肌はぼろぼろ、ブツブツで、髪はバサバサ、そしてとにかく眠い。。。こんな状態なら、ふつうの人間は気づきそうなものですが、そのぐらい自分に意識が持てていなかったのだと落胆しました。

こども時代を思うと、学校に行きたくない日ぐらいあっただろうに、素直な自分の感覚を完全に無視して、『行く』以外の発想は頭にまるでありませんでした。

これ、今、自分に意識が向けられないのと全く変わってないですよね。
自分が苦しかろうが辛かろうが気に止めず、とにかく世間の常識的なこと、やるべきこととされていることに、自分を従わせ続ける。

どちらが、というわけではありませんが、こどもが『行きたくない』と言っているうちは、まだ救いの可能性があるのかもしれないですね。

投稿: green | 2012年6月14日 (木) 19時57分

親愛なるlemuriakiさん☆
なかなか、教育者側も古いカタにはまって抜けられなくなっている中
lemuriakiさんのように思っている
指導者が必要になってきますよ~

これからも
新しい道をどんどん示していかれること、楽しみにしています

投稿: さとうすいすい | 2012年6月18日 (月) 23時02分

親愛なるあきこさん☆

ププッが出てきたらもう大丈夫ですよ~笑
きっとあきこさんと同じくギクッ
とされているお母様方が
沢山いらっしゃると思います
いいんですいいんです、優等生でなければ
という枠に気付いた事自体、とても大きなことですよ~
きっとこれからもっと自由なれますよ~

投稿: さとうすいすい | 2012年6月18日 (月) 23時05分

親愛なるたんぽぽさん☆
そうでありましたか!
おかげさまでリーディングに
実経験確信が付きました~
貴重なシェアありがとうございます!!
今の自分でいいや!これはおおきいですよね
問題を問題として何とか解決してやろう!
と考えるとますます問題になるけれど
登校拒否問題なし、と周りが持っていけば
すんなりと解決していく感じがしました。

投稿: さとうすいすい | 2012年6月18日 (月) 23時10分

親愛なるgreenさん☆
お気遣いありがとうございます~
脱皮せよ!と迫られている感じでした~
どうぞ、greenさんも急用、もとい、休養を~なにせ脱皮は体力が要りますからね~
そう、小さなうちから学校の
枠、にはめられると、それが普通になってしまいます。

今、こうして気付けただけでも
大きな進歩ですよね☆

投稿: さとうすいすい | 2012年6月18日 (月) 23時34分

親愛なるとなりのマユさん☆

そうなんですよね~
私たちの親って、子どもの恥は
自分の恥、という感覚が強かったかもしれません。
これを子どもの私物化、と言うのですが
こうやって育てられて保守的になった
だけなのかもしれません

プハハ、ハハすいすいはいつもこんなかんじでーす☆適当かあちゃん・笑
おかげさまで回復しました☆
ありがとうございます

投稿: さとうすいすい | 2012年6月18日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403034/45641119

この記事へのトラックバック一覧です: 補足あり・学校行かんでも大丈夫よ~登校拒否?:

« マニュアルのない世界~子育て | トップページ | 6月の対面セッション日程です~それでいいのだ »