« いい加減目をお覚ましなさいっ~被害者意識からの脱却 | トップページ | ドロドロ出していいんだよ!~いい子ちゃん仮面を脱ぐ »

一寸法師からの学び~ありのままを活かす

地球のみなさん こんにちは

子どもを寝かしているうちに
うっかり一緒に寝てしまいました
(失礼しました~)

決まって昔話をせがまれるのですが
子どもたちの大人気な昔話のひとつに
一寸法師があります。

一寸法師が鬼の体の中に入って
針の刀で大暴れ。
鬼のおなかの中に、感情の紐があって
それを引くと怒ったり、泣いたり、くしゃみ
したりするのですが

その中でもおならをする紐があって
それを引くと

ブーーッ、と鬼が屁こきをする

というくだりがツボにはまるようで
ここで何度もリクエストが入ります

・・・って、何書いているんでしょうね~笑
しょうもない私生活があらわに・・・いゃ~ん

その後、一寸法師は果敢に闘い
姫を助け、打ち出の小づちで
身長が大きくなりました、めでたしめでたし

というお話でありますが


これを現実の話に解釈すると
きっと、一寸法師は背が小っちゃいままだったと
思います。

ちっちゃいながらに、誇りと勇気を持って
自分サイズにあった武器を持ち
大きな相手にも恐れず、果敢に立ち向かう。

打ち出の小づちで大きくなったというのは
大きな地位や豊かさが与えられた

という解釈も、できますよね。



この地球には生まれつき
一寸法師のように
背が小っちゃいまま伸びない子
手や足が無い子
目が見えない子

・・・みんな、より強く地球のアトラクションを
体験するために
強きたましいがこの肉体を選んで
この地球にやってきました。

だから、親の勝手な解釈で

この子はかわいそうな子なんだ
なんとか「治して」あげなければならない


なんて、思う必要はないのです。
そうやって思い込んでしまうから
親はしなくてもいい「悩み」「苦労」してしまうし

しなくてもいい「治療」して
子どもも苦しんで自信を無くして
お金もどんどん無くなっていくのです。

無い事ばかり目を向けるから
無い事づくしの現実が来てしまうのです。


果たして、一寸法師はかわいそうな子
なのでしょうか?

たしかにありのままを受け止めて生きることは
とても不便です。みんなの助けが要ります。

そこでその子は、感謝の達人になるのです。
人の心の痛みが分かる人になるのです。
感謝する人には、神様はものすごい
ごほうびが与えられます。


一流の会社に入ってスポーツ万能で
お金持ちで、何でも持っている人よりも
ずっと幸せに生きられるかもしれません。


このままいったら命の危険にかかわる、というのなら
治療は必要になりますが
それ以外なら、無理に「治そう」とせず
そのまんま、その子の持ってきたものを
認めてあげる方が、その子が将来、結果的に
ビッグになるのかもしれません。



余談ですが、身長を伸ばすといえば
昔、作品を作る資料として買った
世界のキワモノ図鑑<どんな作品なんだ・笑
の中に
たしかイギリスの拷問博物館の拷問具が
紹介されており

その中で人間を引っ張って伸ばす拷問具
があるのですが
人間をガッチリ器具に固定させて、1日1㎝ずつ
手足を引っ張って伸ばすというもので
伸びきると関節の筋がビロンビロンに
なって歩けなくなるという・・・

ひいぃぃ~~~こわいよ~
crying

と、目を覆いながら、指の隙間から見るすいすい・笑

昔、通販で股間に突っ張り棒のようなものををあてて
少しずつ身長を伸ばす器具、というのがあったのですが
どう見ても拷問具だったのを思いだしました・笑

でも、この子は不幸だ!と思い込んだ
親御さん、この拷問みたいの、うっかり
お子さんにやっちゃうんですよ~

子どもの将来のため

という名分をつけて・・・


私も、知能の発達の上では
一寸法師として生まれてきました。
今でも、一寸法師のまま変わりません。

確か小1のころ、私は母親と学校に呼ばれて
先生から
この子は読み書きはできるのだけれど
ちょっと、社会に適応できないかもしれません。
と言われました。
(今でいう、発達障害のようなことを
宣告された記憶があります)

窓際のトットちゃん、という黒柳徹子さん
の本を読んだことがある人は分かるかもしれませんが
私は
まさにトットちゃんのような子でした。
(だから、昔はトットちゃんが、大嫌いでした;;)

私の母親は、
うちの子は天才なんだ!
天才でいてくれないと、優等生の私のプライドは
どうしてくれるの!
他のママに負けてたまるか!
うちの子が知恵おくれだなんてありえな~い!

と半狂乱になり

そのまんまの私を受け止めるなんてゼロ。
とにかく、私をマトモな人間に「矯正」するんだと
一般の常識にちょっとでもはずれると殴る蹴るの
暴行の日々・・・
「しつけ」という名のもとに
ゴミ箱や、ランドセルを頭の上にひっくり返されて
頭はゴミだらけ、あの重い教科書や固い筆箱などが
イッキに頭に当たってたんこぶだらけ・・・
毎日が地獄でした。



親の役目って、きっと
その子が持って生まれてきたのものを
ありのままを受け止めて、その子のサイズに合わせた
ものをあてがってあげることなのではないか

と勝手に感じている今日この頃でした


将来、このかっちょいい高級刀が似合ってくれるように
大きな子に成長させるんだ!
その方が世間体もいいし!
という親の子どもへの期待=親のエゴ
は出てくるかもしれません

しかし
小さかったら小さく生まれてきたなりに
針の刀を持たせてお椀の船に乗せてあげれば
将来、立派な巨人となって
かえってくることでしょう、。

それが、ありのままを認める
=条件なしの愛=本当の無償の愛


なのではないでしょうか

このような育て方をされないと
大きくなってから

本当にやりたいことがわからなかったり
自分を大きく見せようとしたり
本当の自分を見ようとせず
自分は価値があるんだと思い込まないと
不安になったり(自己愛性人格障害)
温かな家庭のある男性を奪いたくなったり

・・・

愛を埋めるような行為を
してしまいます。

そのような「愛のエラー」を防ぐためにも

そのまんまの、持って生まれたものを
欠点としてとらえるのではなく
これ、どう生かせるかな~
と考えていった方が、楽しいヨ☆

ということです。

あなたのもって生まれたものの活かし方
個人セッションで引き出し可能で
ございます
なにせ、実際にありのままの自分に
戻れた実績がありますからね(^^)


えー明日は待ちに待った
ママさんとのランチ会があります。
しかし私は
世間的にみるとかなりエキセントリック。
話、トンチンカンチンで
みんなを困らせていますが
優しくフォローしてくれます。サンキュ☆

せめて、みんなお互い話しやすい
人同士で席を決めて頂き
最後、余った席に座るべく
あえてやや遅れて登場しています。

そんなことまでして
やめちゃえばいいじゃん!
相手もけむたがっているし
合わない世界にいる必要はないよ
と思うかもしれませんが

私は、彼女たちが、勝手に大好きなのです。
会いたい、それだけです。

気に入ってもらいたい等
彼女たちに何かしてもらいたい
のではなく
私が彼女たちに何が出来るか・・・
してあげた、と思わせないように・・・

一方的な片思いですがね・笑

それに、なかなか仕事で探せない
カフェやショップ情報が手に入りますしね
<そこか~(^^)


って、げげっ!今日だった!!
ああーー異次元を行ったり来たりし過ぎて
時間の感覚が・・・
えーー・・・必然的におそくなります。


というお話じゃったそうな。めでたしめでたし。

すいすいっとな☆

9月対面セッションも柔軟に行ってまいります

スカイプセッション好評です 世界中つながれるヨ☆
何度も読み返せるメールセッションも処方箋つき!

|

« いい加減目をお覚ましなさいっ~被害者意識からの脱却 | トップページ | ドロドロ出していいんだよ!~いい子ちゃん仮面を脱ぐ »

スピリチュアルリーディング」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

コメント

う〜〜ん、耳が痛いですわ・・・

子供たちが生まれたときは、五体満足で無事に生まれてくれてありがとう(^O^)
その気持ちしかなかったはずなのに…
子供に対するハードルを、ついつい高くしている今日この頃ですm(__)m

特に私はご飯の時の作法について、狂ったように怒ってしまうのです。(自分もそうだったから)
きっとご飯、おいしくないでしょうね・・・

もうちょっとゆる〜くなって、うまくできてるとこ、好いところを見てあげたいです!

投稿: あきこ | 2012年9月13日 (木) 21時18分

すいすいさんは本当にお友達を愛しているんですね。素敵です。
私もそんなふうにママ友を愛せるようになりたいな。

投稿: ちっち | 2012年9月14日 (金) 17時36分

親愛なるあきこさん☆
ギクーーン!

子供の頃、ご飯を食べるとき
しつけと称して
親から厳しくされた経験からの
解放、という課題なんですよね~

ちょっとでもお箸の使い方が悪かっただけでも
竹のものさしでお手手をピシャリ!
なんておうちも・・・怖

実は、私も未だにこれが解消できず
子どもがバシャ―っと
味噌汁をこぼそうものならカーーッと頭にきて
定規でビシーッ!とやりたく
なる衝動を、
枕をボッコボコ殴る事でおさえています。
許しと解放していく学びとして
少しずつトライしていますよ~☆

投稿: さとうすいすい | 2012年9月17日 (月) 12時32分

親愛なるちっちさん☆
ようこそお越しくださいました~☆
まさか、私も、ここまでになるとは
思いませんでした~
自分がママ友から愛されたいではなく
自分が、ママ友を愛していこう!
と決めてから気づいたらこんなん
なってました~☆

また、大好きになるほど
魅力ある方々でもある、ということ
なんです~
本当に、素敵なお友達なんですよ☆
きっとちっちさんも彼女たちに会うと
大好きになるかもしれません。

投稿: さとうすいすい | 2012年9月17日 (月) 12時37分

すいすいさん☆
コメントの中の
「自分が愛されるのではなく、自分が愛していこう」
という言葉、本当に胸に響きました☆

偶然別のところでも同じ様な言葉を見つけ
これもメッセージかなぁと。。

嫌いな人のことをそう思おうとすると、それまで苦しかった見方が反転するような、自分で決定してる感がとても清々しかったです。

油断するとすぐいつも通りの見方になってしまうんですが^^;

嫌いな人にも片思いできたらなぁ~
時々両思いもあれば、なおうれし~(笑)

投稿: あや | 2012年9月21日 (金) 20時07分

親愛なるあやさん☆

そうなんですよね~
ほしいほしいしてほしい!
ではどんどん逃げていくんです。
人間関係においてもそうなのでした。

胸に響かれたことはあやさんが開拓して
あやさんの元にも奇跡がおこることを
意味しています。

それが!両想いになれたんですよ~!
ランチ会に起こった奇跡は、また次回おはなししますね~

投稿: さとうすいすい | 2012年9月24日 (月) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403034/47054647

この記事へのトラックバック一覧です: 一寸法師からの学び~ありのままを活かす:

« いい加減目をお覚ましなさいっ~被害者意識からの脱却 | トップページ | ドロドロ出していいんだよ!~いい子ちゃん仮面を脱ぐ »