« 頑張らないという事~自分をかわいがる時 | トップページ | 1月対面セッション日程です~宇宙の法則に乗る »

やはりお手伝いは、「させる」ものではない。

というガーディアンからのメッセージは本当だった!!
答えは出た!!

 

 

 

地球のみなさん こんにちは

 

人生のよき波
Cocolog_oekaki_2013_01_09_00_42

  

に逆の悪い波(逆位相)を足しあわせる

 

Cocolog_oekaki_2013_01_09_00_45

 

 

 

こと=闇のわたしを認める・体験することで
ゼロになる!!宇宙の世界もゼロである!!

 

 

 

Cocolog_oekaki_2013_01_09_00_50

 

 

 

ああ、こういった体験は必須事項なんだ
とどうしても今のイケナ~イ道にいってしまう
自分を認めた瞬間

 

 

 

じわりじわりと腹の底からワクワクの力が湧いて
いるすいすいです

 

 

 

やはり、良い事(と一般的に判断していること)
の後には闇(と一般的に判断していること)はやってきます。
山が高ければ、谷底は深いのなんのって。

 

 

 

だから、周りの成功している面ばかり見て
うらやましがってはダーメよ☆
ということであります。
その裏には、何倍もの失敗や涙がある、ということで・・・

  

えーー幼稚園・学校に通うお子さんをお持ちの
みなさんは、そろそろ新学期ですね。

 

 

 

すいすいの子どもたちも8日から始まりました。

 

 

 

はいっ、恒例のいきたくなぁ~いモードに;;
起きたくなぁ~い

 

 

 

というわけで
おかあさんも、準備したくなぁ~いo(´д`)o

 

 

 

とゴネたら大ウケしておりましたが。

 

 

 

ここで「させて」も「動かない」のは予測済。

 

 

 

そこで、デザート大作戦!
といっても、フルーツジュースですが(^^)
朝からおいしいなぁ~いいことありそうだ~

 

 

 

その後追い打ちをかけて
わぁ~早い!すごいね!ほめほめ大作戦!
早く準備できて、シャキッとして気持ちイイね!
朝日もきれいだね!

 

コツは

朝から何となくいい気分good

でいられる雰囲気をつくること。

すると

 

今日も一日何か面白いことがありそうだぞ!?
というナゾの期待(錯覚・笑)があふれ出て!?

 

 

 

学校では楽しい事がない、とウダウダな長男は
楽しくさっさと学校へ行きました。

 


家庭内では
子どもにお手伝いをさせてください。
なーんて、冬休みの保護者向けのプリントには
良く書いてあります恒例の

子どもにお手伝いを「させ」ましょう。
〇年生のうちから勉強「させ」ないと、受験に響く!

 

というスローガン。


子供時代から
親から強要される

 

なーーんでも「させる」教育

 

に数々の疑問と反骨精神がわんさかと
湧き出た戦士の魂:すいすいは

 

異議アリ!の戦いの度に

 

「しつけ」・「制裁」という名の暴力を振るわれては
血まみれになったものであります。

 

 

で、つまるところ

  

「させる」のはどうなんだ~!?

 

その答えが、今、出ました!
結論から。


こどもには、「〇○させる」ものではなく
自発的に「〇○していく」ように
親が工夫していくものである。
これからは自発的=創造の時代である。




どうして、こどもに「させる」のですか?
と、数人の親御さんにアンケートを取りましたところ


「ええ~そんなの当たり前じゃないですか。
将来そうしないと、子どもが困るから」

「勉強できないと、いい会社に入れなくて、困るでしょう?」

「大人になって自立したとき、家事もできないと、困るでしょう?
私のようになってほしくないですから<そうなのか~」
・・・


「困るから」?????


・・・本当に、困るのですか??

だとしたら親御さん、あなたは
一体、どんだけ預言者なのだ~~~!?


将来、困るから、無くなるからやっておくんだぞ

といった


「欠乏の波動」や「困るんだぞ、という脅しからの行動」

その現実を実現してしまいます。


そう

お手伝いをさせようが、勉強させようが
お子さんは、確実に「困る子」になります。
もしくは、「しないと困るから仕方なく」する子になります。


自発性が無くなってしまうのです。
そこに、自ら考えて楽しむ工夫、というものは
ありません。


そして大人になると

何か、課題が無いと、人から指導が無いと
出来ない大人になってしまいます。

自由にやりんさい、創造しんさ~い!
と言われると、たちどころに動けなくなってしまう。
「させられる」材料が無くなりますからね。


え~余談ですが、水面下で
起業のコンサルもさせて頂いておりますが
ここだけの話

特に自由業・個人事業主なる業
についた方々にとって
経営が行き詰る、仕事が無くなってしまう
一番の原因はこれです。



「させられた」教育の弊害で

起業=自ら創り出さなければならないのに

ずーーっと指示待ち状態で、動けない。
しかも原因が分から~~~~ん!

で、解決の指示を出してくれそうな
セミナーなんぞに行っちゃうもんだから
効果が無くてますます分からんらんらん・・・
ときたもんだ。

 

※起業家のみなさん、あなたに合った
創造の手法、オーダーさせていただいて
おりますよ~

  

親自身が苦労したから、という
のは、あくまで、親御さんの人生から
打ちだした、小さな計測にすぎません。


子どもの力は無限大。
そして、未来も無限大。

そしてそして、時代も親の生きてきた時代より
はるかに進歩していきます。


こうしなさい、とすいすいは言えませんし
「させる」教育が正しい、と思う方は
それも、正しいと思います。

まぁ
させる、というより、ワクワク何か見つけたりする
生き方の方が楽しいし
これからの時代が味方してくれるよ~

というおはなしでした


すいすいっとな☆

☆1月の対面セッションは12(土)、14(月)、20(日)
26(土)、27(日)です。先行ご予約可能です☆

スカイプセッション好評です 世界中つながれるヨ☆

 

 

 

何度も読み返せるメールセッションは質問付きでお得!

 

|

« 頑張らないという事~自分をかわいがる時 | トップページ | 1月対面セッション日程です~宇宙の法則に乗る »

すいすい力」カテゴリの記事

スピリチュアルリーディング」カテゴリの記事

ビジネス・経営・独立ガイド」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

コメント

まさに直面してることです。
子どもたちが(大人も)自発的にしていこう!と思える工夫をしたいな。
さてどういう風にしようか??と考えていたところでした。

人は興味があれば自分から学んだり調べたりしますもんね。
興味を持ってもらえるよう「楽しく」するにはどうしたらいいかを考えています。
まずは自分が楽しくて子どもたちも楽しめそうなことから始めてみようかな?

「自由にしていいよ」と言われて
「わぁい」「うれしい」ではなく
困っちゃったり苦しくなり
「お題」や「課題」がある方が楽になってしまっている自分に気がついたので。

これ考えるたびに「千と千尋の神隠し」に出てくる「顔なし」が「苦しいよ」「千欲しがれっ」などと言ってる映像が頭に浮かびます。

これから先子どもと一緒にゆっくりいろいろ楽しみたいです。

投稿: さゆりん | 2013年1月 9日 (水) 06時19分

すいすいさん
あけましておめでとうございます

今日の記事読んでたらまさに弊害にがっつりとやられている自分が嫌になってきました

年末に仕事をやめて就職活動中です
仕事がしたいよー!
やりたいことのためにも仕事を与えて欲しいです
受け取りたいです

辞めた理由はまさに指示がないとできない自分
考えることができない自分
受け身なだけのお粗末な自分に気づいたからです
なんだか泣きそうになりました
早く仕事がしたいです

投稿: のだ | 2013年1月 9日 (水) 11時06分

親愛なるさゆりんさん☆

あれま〜ビンゴでありますか〜
本ブログは、お越しになった
皆さんのニーズにお応えしております
なんちて(^^)

子どもを持って気づいた事は
自分が楽しまない限り、周りが楽しくならない
という事でした。

では実際に楽しむにはどうしたらいいのか?
アホになるということです

賢い者はアホのふりをし
愚者は賢いふりをする
という言葉が降りて来ます。

うわっこんなのアホだーー!
というけれどやってみたいことを
自信を持って、心のブロックはずして
ご自身に許可してやること

どうやらこれがキーワードになっているようです
お心自由に楽しめますことお祈りいたしております☆
ちなみに
カオナシは、誰かのためになる事の
よろこびに気づき、銭婆婆の所に居場所を見つけました。

投稿: さとうすいすい | 2013年1月11日 (金) 06時15分

親愛なるのださん☆

明けましておめでとうございます~
コメント有難うございます☆

あれれま~~~そうでありましたか~
もしかすると
受け身だった!と気づくことが
まず課題だったのかもしれません。

でも、指示待ちの自分に気付いたからもう大丈夫!
今は不安で大変かもしれません
自分責めて辛いかもしれません。

がしかし、私は、受け身から能動に
なっていく!と唱えてみてください。

少しずつ、脳が、やらされることから
独立していくような情報を
目から耳から入るように
また、天使がそうさせるように
仕向けてくれるようになって生きます。

今は、指示がないとできないご自身を許す習慣をつけていくことですよ~

道は必ず見つかります&
この葛藤や苦しみは必ず
未来ののださんにラッキーをもたらします。

まず、気が向いたときに目の前に現れた求人に応募して
目の前の仕事を、指示されないとしたら
どうやるかな?なんて考えながら
やってみるといいかもしれません。

今年も変わらず応援いたしております

投稿: さとうすいすい | 2013年1月12日 (土) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403034/48644134

この記事へのトラックバック一覧です: やはりお手伝いは、「させる」ものではない。:

« 頑張らないという事~自分をかわいがる時 | トップページ | 1月対面セッション日程です~宇宙の法則に乗る »