« 天使の奴隷にならないで | トップページ | »

お母さん心配=愛情?

地球のみなさん こんにちは

また今日も
一般のママさんが聞くと
えええ~~~と首をかしげる
非常識なお話でございます

久々にテレビをつけてみると
たまたまやっていたドラマ
(本日は木曜日です)

セリフ忘れちゃいましたが

「おかあさんはあなたが心配で心配で

生まれてから、ちゃんと育つか

心配で心配で・・・心配かけているのが

それが愛情なのよ」


こんな感じだったと思います


すると天使、一刀両断!


心配して 子ども信頼してないから
こ育て、うまくいってないんだよ~ん☆



と、天使がいいました~<強調・笑



心配をしている
というのは

子どもがちゃんと育たない
のではないかと疑っている証拠

怖れ

結果、過干渉になる


だから、子どもがちゃんと育たない
現実を引き寄せてしまう
・・・ケースが多いのだそうです


転ばぬ先の杖
と言う言葉がございます

子どもが苦労しないように

親心=実は余計なおせっかい


本来子供が経験すると計画してきた
事を親がやっちゃう


すると

こどもは
なにせ失敗したり経験値が無いものですから

社会に出るのが怖い
親から転ばぬ先の杖の指示待ち受け身
親や周りから良い、と評価をもらわないと
安心できない
自発的な行動ができない

という状態になっちゃうわけです




子どもが上手く育ってほしい

この言葉の中に
親のエゴが詰まっていたりします

なぜなら
「上手く育ってほしい」内容が
親の思い通りになって欲しい事だったりするからです

親がこうすれば上手く育つ内容と
子どもがもって生まれてきた
上手く育つ内容と

ズレがある事が・・・ほとんどなのですよ~


そのズレを学び、こうあるべきを親が
手放すために

今お子さんが
あなたに、問題(にみえること)を
起こしているのです!!!
これホント



すいすいは、子どもに上手く育ってほしい
内容、殆どありませんえん
(超!マジメなママ友さんがいつも
すいすいに険しい波動を送っているのが
よーーーくわかります。
友よ、あなたの波動は傍受されている・笑)

まさに

ないようは無いよう

なんです

何故なら

すいすいは、子どもたちが
持って生まれた力を信頼しているからです

弱い者いじめしたりなど
社会的にしちゃいけないことを教える以外は
彼らは、自然と育つ!
生まれながら持ってきた
天使からのギフトで。



フロリダ滞在させて頂いた中
何でこんないい子に育ったのか!
とお褒めいただき(ありがとうございます)
驚かれたのですが

(またこれもいつかお話ししましょう)

すいすいは、子どもを連れてフロリダまでの
道中、心配しませんでした

いや、母子のみの初海外
心配したら心つぶれてしまうから
かもしれません

幼稚園児と小学3年生です。
一般のママさんならまだ小さいから
と何かと手を焼くことでしょう

すいすいは、子どもたちに言いました

あなたたちは、一人でもやっていけいるの
お母さん、信頼してるよ

だから


お母さん、たすけて~~~~~~


<なんじゃそりゃ~


あなたのお子さんも大丈夫!

生まれてきた力=神様からのギフト
を信頼、してみませぬか?

あなた自身の力もネ☆

すいすいっとな☆


|

« 天使の奴隷にならないで | トップページ | »

子育て」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
なんだか、世のお受験熱に浮かれたお母様方を見るような気がします。

と同時に、私の母を見てるような感じもじます。
私が体張って示しても、私の身体がおかしいか、
心身症か、はたまた、仕事上のストレスか…
…位にしか捉えてないさまにも似ていて、
御自覚がないだけに、体張る方は辛いかなと…

投稿: ConoC | 2013年11月24日 (日) 21時20分

親愛なるConoCさん☆
そうなんです。
そこに気付かれたConoCさんは
すごいですよ
お受験に浮かれたり・・・原因は
こうなったら困るからの
見えない恐怖です

お母様に体を張って示す必要はないのですよ
ConoCさんがやりたいことを
実行していくだけなんです

お母様と戦っても
お母様は・・・残念ながら変わらないんです

自分が幸せに変わる事!
これが一番ですよ~
お母様へ体張るエネルギーを

ご自身にやさしく、美味しいもの食べさせたり
好きな場所へ連れて行ってあげてくださいね

投稿: さとうすいすい | 2013年12月22日 (日) 00時08分

うむうむ。
子どもは、親から信頼されていると感じていると、
安心して自分でどんどんチャレンジしていって、失敗しても案外へこたれず新たな道をまた自分で開拓していくんですよね。

神様からのギフト。
とても素晴らしい。

私はよく義両親の目が気になってしまい、
ホントは子ども自身のペースや選択を信じて尊重したいのに、
そうできなくなる場面が多々あります。
それを本当に辞めたいです。

すいすいさんがおっしゃる通り、
相手は変えられないのだから自分が変わっていくしかないですよね。何があっても我が子を信じてあげる勇気を私自身がしっかり持ちたいと思います。義両親の意見にも共感はしつつ♪(*^^*)

投稿: hitomi | 2013年12月30日 (月) 01時34分

親愛なるhitomiさん☆
んだんだ、なんですよねー

ここは図太く

義両親から何言われても
平気のへいざえもーん!
となるためには

ご自身に自信持って行くことであります

相手は親の皮被った子ども
のまま、と考えると
少し心の余裕がでてくるかも
しれません

何言われても動じない心=自信を
もつと、自然と過干渉親が
消えてしまった例もあります

自信持つためには
まずご自身が
ご自身にこれでいいのだ!
と言ってあげる=自己の肯定するところからですよー

変わらず応援いたしております!

投稿: さとうすいすい | 2014年1月 1日 (水) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403034/53991989

この記事へのトラックバック一覧です: お母さん心配=愛情?:

« 天使の奴隷にならないで | トップページ | »