« じわじわくるスゴイ拷問~気力減退の原因 | トップページ | 私はこうしてココロ這い上がりました »

根底・頑張りから楽しさへシフト時代!

地球のみなさん こんにちは

日本関東では
4月は桜の季節、ほとんど雨続きで
寒かったのです~

たまにほかほか晴れたある日の事。

近所で
おじいさんがおばあさんとその娘?
ヘルパーさんらしき人と
歩く練習をさせられていました

二人がかりでじいちゃんの腕を
おさえ・・・

ほらっ!頑張って!

足ださなきゃあるけないでしょっ!


がんばらないと歩けるようになんて
ならないよっ!!


すごい剣幕でございます



このお二人も
やりたくもないのになんでこんなジジイ
支えにゃならんのだ
さっさと歩いてくれないと困るのよ
波動バリバリ

じいちゃんも、頑張らないと歩けないけど
もーあるきたくないけど頑張らないと
頑張れない自分イケナイ
波動がバリバリ


頑張るが根底にあると

しなきゃならない

しないと生きていけないから仕方なくやる

仕方なくやってるから面白くない

苦しい、進めない


たのしくないんですよね

苦労や努力を良しとして
歯を食いしばって生きてきた人には
まじめです。くそまじめです

・自分は間違ってない!

・間違ってるのは楽しく=怠けて不真面目な
あいつらだ!

・自分は立派にやってきたイイ人だと思い込んでます

それがいいことだ!


という頑固な考え方を

歩けなくなることで
もうガンバリやめることで
楽しく生きるんだよ、ということを
教えられちゃうんです



ガンコや聞く耳持てない人が
何故か膝や足をやられるのですが
(まさに足止めを食らう!)

これが根底が
いや、そもそも

根底に楽しくすなおに、がある人は

歩けなくなったりなかなか
ならないもんなのですが

もしたのしいひとがあるけなくなったとしたら
きっとこうなる!こう考える!笑


美女二人に囲まれて
たのしいねぇうっひょっひょ~
これは早く歩けるようになって

もーおねえちゃんおっぱい
もみ放題パブに行かねば!

なんて考えてるもんですから
医者からもう一生、車いす生活ですね
なんて言われても

ダッシュで駆け抜ける
もしくは車いすバギーして
パブに乗り込むんですよきっと・笑


そう、私たちの親世代
いや、私たち1970、80年代生まれくら
いまでの人は


生まれた時から

頑張らないと生きていけない
くせが刷り込まれてしまいました

ようするに

楽しいでやって生きて行けるわけ
ないじゃんこの怠け者が!pout


ということですよね

しかし、その考え方の時代は終わり

自分が楽しみ喜ぶ=光ることで
人に光を分ける人が成功する!


でないと
ここに

能ナシ
オフィスナシ
資格ナシ
ホームページナシ

なすいすいが、成功しているはずが
ないんです。


確実に

努力だガンバリだ!
から

時代がシフトしている!!

楽しい!感動!
が根底にあれば
苦労が苦にならなく出来ちゃう!


それだけではないことが
最近のすいすいの研究で
明らかになった!

楽しい!
という波動が
次々と偶然とミラクルを引き寄せて
運んできてくれるという事!!


だから、

苦労ガンバリでは10しかできないことが

たのしい!おもしろそう!うれしい!感動!
な波動でやると

その3倍どころか10倍にも成果が
得られることが分かってきました!!


すいすいはガンバリより
カンパリオレンジが好きです

、、じゃなかった
これだけは言える!

だから、だからいま
この、行動の動機の根底に楽しい!
からはじまる
ようするに

しなければ、から、したい!
ウキウキで動けるような
ココロのもちかた


にシフトした人から成功する
つまり世の中幸せにわたっていける
スキルなんだ!

ということです!

すいすいは
この研究をつづけ

かならずしや
みなさんをパラダイスに
誘い込んで

イチャイチャしようと考えております!

まずはてはじめに

4月26日大阪セミナーで!笑


じいちゃんがしあわせな気持ちに
なれる日を
お祈りして

すいすいっとな☆




|

« じわじわくるスゴイ拷問~気力減退の原因 | トップページ | 私はこうしてココロ這い上がりました »

スピリチュアルリーディング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403034/59758059

この記事へのトラックバック一覧です: 根底・頑張りから楽しさへシフト時代!:

« じわじわくるスゴイ拷問~気力減退の原因 | トップページ | 私はこうしてココロ這い上がりました »